• ホーム
  • 映像用品レンタル (プロジェクター・スクリーンなど)

プロジェクターの選び方

無料でお見積り、ご相談承っております。まずはご連絡ください!

人数で選ぶプロジェクター&スクリーンパック

パックで選べば、組み合わせに悩む必要はありません。

「プロジェクター&スクリーン10人用パック」

【セット内容】

「プロジェクター&スクリーン30人用パック」

【セット内容】

人数や、お部屋のサイズに合わせて、プロジェクター&スクリーンを選びます。
まずは、ご連絡ください!

商品を探す

 
ルーメン 2000 2000 3000 6500
対応画面 40〜150インチ 30〜300インチ 40〜300インチ 50〜600インチ
  三脚式スクリーン 携帯スクリーン 組立式スクリーン
 
サイズ 1500×1500mm 40インチ 150インチ
1800×1800mm 60インチ 200インチ
2000×2000mm 80インチ 240インチ
  100インチ 150インチ(リア投影用)

プロが教えるプロジェクター選びのコツ
このポイントを押さえれば、プロジェクター選びで迷いません。

プロジェクターの明るさ(lm ルーメン)とスクリーンの大きさによって4つの目的別にプロジェクターを分類してみました。 会場の広さや対象人数によって必要なスクリーンの大きさはさまざまです。さらに目的に応じて機種を絞り込みましょ う。パソコン画像を映し出す場合には、パソコンの解像度とプロジェクターの解像度が一致していることも大切なポイン トです。

プロジェクターの分類チャート

使用する部屋の明るさや、スクリーンに合ったプロジェクターを選びましょう。

明るさ 適用する場面・スクリーン 主な用途例
ビデオプロジェクター 1000
ルーメン以下
・少人数・暗い部屋
・80インチまでのスクリーン
・レストランでの二次会
・小規模な映画鑑賞会
パソコン対応
プロジェクター
ベーシック 1000〜2000
ルーメン
・30人くらいまで・少し明るい部屋
・100インチまでのスクリーン
・小規模な会議、プレゼン
セミナー向け 2500〜3500
ルーメン
・70人くらいまで・明るい会場
・150インチまでのスクリーン
・中規模な会議
・プレゼン、セミナー
ハイグレード 4000〜10000
ルーメン
・100〜150人くらいまで・明るい会場
・300インチまでのスクリーン
(10mほど後方から投影可能)
・展示会、大規模会議
・イメージディスプレイ

プロジェクターの解像度とパソコンの解像度の関係

パソコンの画像を投影する場合は、プロジェクターとパソコンの解像度を一致させましょう。
解像度が一致しないまま画像を映すと、適切に表示されません。

パソコン解像度の調べ方(Windowsの場合)

デスクトップ画面で右クリック→「プロパティ」をクリック→「画面設定」タブをクリック→「画面の領域」で解像度を確認

※上記は一般的な解像度です。パソコンの機種によって解像度の名称や設定数値は異なります。

どの商品にしようかお悩みなら、お問い合わせください!最適な商品をお選びします。

プロジェクターの活用が成功の秘訣
プロジェクターをうまく使えば、ビジネスチャンスが広がります。

プロジェクターで映像を映す流れ

ビデオデッキ
ビデオカメラ
DVD

・パソコン

プロジェクター
映像・パソコン入力端子に接続

利用時は、映像源を出すパソコンやビデオカメラ、DVDデッキ/VHSデッキや、スクリーンが必要です。

上手にプロジェクターを選ぶための4つのチェックポイント

プロジェクターを選ぶときは、4つの事柄がポイントです。使用シーンを想定して優先するポイントを把握しましょう。

上映する部屋の明るさ・広さ プロジェクターで映し出せる明るさ・解像度 スクリーンの大きさ(対象人数) パソコンの解像度(パソコンの画像を映し出す場合)
プロジェクターの「明るさ」とは?

プロジェクターが映し出せる明るさには、光の単位「lm ルーメン」で表します。数値が高いほど鮮明で明るい画像になり、明るい部屋でも映し出すことが出来ます。

プロジェクターの「解像度」とは?

映像をどれだけ鮮明な画像を映し出せるかを示す数値。数値が高いほど鮮明な画像を表示します。パソコンの画像を映し出す場合はパソコンの解像度と一致するプロジェクターを選ぶ必要があります。

初めてでも安心!最適な商品をお選びします。まずは、ご連絡ください!

ここがスクリーン選びのポイント
会場の大きさや用途でスクリーンが決まります。

スクリーンのサイズ

スクリーンの大きさはインチ単位で表示されます。サイズとして表示されている数値は対角線の長さを示します。 縦と横の長さを計算する場合は、対角のインチ数×2×1cmで横幅、インチ数×1.5×1cmで縦の長さを おおよそ計算できます。
例)対角100インチの場合 (横)100×2×1cm≒約200cm (縦)100×1.5×1cm≒約150cm

スクリーンとプロジェクターの最適距離(投影距離)

プロジェクターとスクリーンの間には、ある一定の距離をとる必要があります。映像が最も鮮明に映る距離(投影距離) は、プロジェクターの種類によって異なります。下の数値を参考に、実際に投影しながら距離を設定します。

スクリーンとプロジェクターの相互関係(SANYO LP-XU40の場合)

【プロジェクターからの最短距離】
60型(1.6メートル)、80型(2.1メートル)、100型(2.6メートル)、150型(4.0メートル)、200型(5.3メートル)
【プロジェクターからの最長距離】
40型(1.2メートル)60型(1.9
メートル)、80型(2.5メートル)、100型(3.2メートル)、150型(4.8メートル)、200型(6.4メートル)
会場の「困った!」には、”交換レンズ”対応プロジェクターで解決。
会場によって、最適距離でプロジェクターとスクリーンを設置できない場合があります。
そんな時は交換レンズ(別途レンタル)を取り付けて調整することができます。
◎会場が狭くてスクリーンとプロジェクターの間に十分な距離が取れない→短焦点レンズ
◎大会場の最後方からしか投影できず、スクリーンまでの距離が遠すぎる→長焦点レンズ

こんな時にはどうするの?

スクリーンに映像を投影した時、台形に映し出されることがあります。 それはスクリーンに対してプロジェクターが正対していないことが原因。スクリーンの立て方と置き方を調節しましょう。

「上下に歪んで台形になった場合」
スクリーンを床と垂直にし、プロジェクターの底面とスクリーンの高さを合わせましょう。

「左右に歪んで台形になった場合」
プロジェクターとスクリーンが真正面に向かい合うようにプロジェクターを置きましょう。

設置・運営もお任せください。まずは、ご連絡ください!